© Culture Convenience Club Co.,Ltd.
取材・お問い合わせ

TカードみんなのエシカルフードLAB

TカードみんなのエシカルフードLABとは?

サステナビリティや食の専門家と生活者であるT会員が共に対話を重ねながら、 “持続可能な食”につながるエシカルフードアクションについて考え、 行動していく共創型のプラットフォームです。 「エシカルフード」の中でも未利用資源に目を向けた商品開発の取り組みと、 より良い消費行動の指標となることを目指す「エシカルフードスコア」の作成と活用をテーマに、 社会におけるエシカルフードアクションの促進にチャレンジします。

サステナビリティや食の専門家と生活者である
T会員が共に対話を重ねながら、
“持続可能な食”につながるエシカルフードアクションについて考え、
行動していく共創型のプラットフォームです。
「エシカルフード」の中でも未利用資源に目を向けた商品開発の取り組みと、
より良い消費行動の指標となることを目指す「エシカルフードスコア」の作成と活用をテーマに、
社会におけるエシカルフードアクションの促進にチャレンジします。

member

member

株式会社フューチャーセッションズ
代表取締役社長

2012年にフューチャーセッションズを立ち上げ、クロスセクターの共創による社会イノベーションの実現を促進。エネルギー、食の観点からのシステムチェンジに注力。

株式会社フューチャーセッションズ
セッション・プロデューサー

2013年にフューチャーセッションズに参画。セクター横断のイノベーションプロジェクトや、組織内ファシリテーター育成を通じた組織開発・変容プロジェクトを、企業や自治体などで手がける。

フードジャーナリスト
一般社団法人Chefs for the Blue代表理事

食やサステナビリティ等をテーマに長く執筆。日本の海の現状と食文化の未来に危機感をおぼえ、2017年より東京のトップシェフ約30名とともに、持続可能な海を目指した活動を展開中。

公認会計士、東京農業大学客員研究員
事業構想大学院大学
産官学連携共創部ディレクター

監査法人、農林水産省官民ファンドを経て独立。農林水産省6次産業化サポートセンターの運営や、産官学連携の取組を東京農業大学や事業構想大学院大学の立場で推進。

CCCマーケティング株式会社/
コミュニケーション戦略室プロデューサー

ブランド戦略立案業務に従事。2011年より東日本大震災復興支援、地域活性、持続可能な漁業等をテーマとした共創型の社会価値創造プロジェクト立ち上げ及び責任者を務める。

CCCマーケティング株式会社/
CCCマーケティング総研
戦略コンサルティング

流通・メーカー企業等のMD領域・商品開発のコンサルティング業務に従事。2019年CCCマーケティング入社。流通のMD領域・商品開発に対し、データを使った課題解決事業を担当。

CCCマーケティング株式会社/データベース
マーケティング研究所 上席研究員

マーケティングリサーチ会社にて、食品メーカー、日用品メーカー等のマーケティング支援に従事。2015年CCCマーケティング入社。R&Dや社内のデータ人材育成を担当。

project

No.1 未利用魚活用プロジェクト

未利用資源活用プロジェクト第一弾は、海に囲まれた島国・日本の漁業における課題から。

漁獲量が年々下がり、日本の海から魚がいなくなっている中で、漁獲したのに利用されず廃棄される「未利用魚」が全国的な問題になっています。マイナーな魚種、数やサイズが揃わないなどで流通に乗らず、価値がつかない魚が港で捨てられてしまうのです。

さまざまな工夫により付加価値をつけることで、生活者に共感してもらいながら「未利用魚」を活用することができ、海の恵みや持続可能な漁業、日本の食文化の未来に少しでも貢献できる可能性があると考えています。

課題とそれを解決するメンバーの招集
商品開発・啓発
エシカルフードアクションによる課題解決へ

このプロジェクトでは、未利用魚の課題を抱える地域や、「おいしい!」を形にするメーカーやシェフ、販路を確立する流通のみなさま、生活者代表としてエシカルな食に興味のあるT会員のみなさまに参加いただき、未利用魚を使った新しい商品を開発します。「もったいない魚」をどうしたらおいしく利活用できるか、一緒に考えてみませんか?